よくある質問

お墓の改葬(引越し)について

ご先祖様のお墓が遠方にあり、頻繁にお墓参りの難しい方が今お住まいのエリアにお墓を移設することです。お参りがしやすく安心です。各市町村への面倒な事務手続きもご相談ください。


手順

① 新しいお墓を決める

墓地使用許可書を新しい墓地の管理者より発行してもらいます

 

② 改葬許可申請書を入手する

現在遺骨を埋葬している市区町村の役所から発行してもらいます

 

③ 既存の墓地管理者に承諾を得る

改葬許可申請書に捺印、署名をいただく

 

④ 改葬許可申請書、墓地使用許可書を現在埋葬している市区町村の役所に提出し、「改葬許可書」を発行してもらいます

 

⑤ お墓の撤去

お寺様に墓前で閉眼法要を行っていただき、お骨を取り出す

 

⑥ 新しいお墓へ納骨

新しいお墓でお寺様に開眼法要、納骨式を行っていただき、埋葬する

 

 

改葬にかかる費用について

墓石の解体・撤去費用

墓石の運搬費用

新しいお墓の購入費用

供養・法要の費用(閉眼法要・開眼法要)

 

 

寿陵について

生前でお墓を建てることをいいます。

「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の三つの果報を招く、縁起の良いものとされています。

なによりもじっくりと選び、満足できるお墓を用意することが出きれば安心でき心にもゆとりが生まれ、その後の人生も充実します。

何よりも残った家族への負担を考え、前向きに寿陵墓を検討する方が増えています。

 

 

納骨の時期について

仏式では、お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせます。またお墓がない場合も一周忌を目安にお墓を用意し納骨するのが一般的です。

 

 

永代使用料について

永代使用料とは墓地を永代に渡り、使用できる権利(使用権)を買うための料金です。

不動産のように所有権を買うわけではないので、遺族に継承することは可能ですが、他人に譲渡、転売は原則できません。

 

 

お仏壇やお位牌について

お仏壇やお位牌は四十九日までに揃え、間に合うようにするのが一般的です。

葬儀に用いる白木のお位牌は四十九日法要を境に、塗りや唐木の本位牌につくり変えなければなりません。

文字入れに2週間程度かかりますので、早めに依頼することが大切です。

白木のお位牌は四十九日法要時にお寺様に精抜きをしていただき、新しく作った本位牌へ精入れをしていただきます。

 

 

分骨

手元供養としてお手元に分骨を安置する場合

手続きは必要ありません。

 

ただし、手元で供養しているお骨をお墓へ納める際、そのお骨が誰のものなのか証明する「分骨証明書」が必要になります。

分骨証明書は、はじめから分骨の希望がある場合は火葬場にてその旨を伝えると、骨壺と証明書を発行してもらえます。お墓や納骨堂で分骨をする場合は管理者より発行をしてもらいます。

 

 

プライバシーポリシー